アマゾンFBA 納品 初心者でも安心講座

Pocket

 

今回は知って得する

Amazon FBA 納品方法についてお話ししたいと思います

標準サイズの納品

標準サイズの納品で使う

ダンボールには1辺の長さが最大60cm以内の決まりがあります

 

昔はあまり気にせず

一辺が60cm 以上のダンボールも使っていました

 

特におもちゃを納品する時

おもちゃはかさが増しますので

60 cm 以内のダンボールだとあまり入らないと言ったことが起こります。

 

ただ、以前アマゾンで受領拒否をされて以来、

納品するダンボールに関して少し神経質になってきました。

 

あのときは

継ぎ接ぎのダンボールを使っていた事

商品をエアクッションで巻いた状態で納品した事

 

の2点が問題でした。

 

もしかすると、サイズに関してもうるさくなっているのかなと思ったので

 

昨年末納品をしていた時に

どれぐらいの大きさまでだったら大丈夫なのか検証してみました。

 

先に答えを言うと

一辺が74 cmまでは大丈夫でした

 

僕が使っているのはコーナンのダンボールで

一番大きいサイズ

73 X 44 X 43 3辺合計160cm

のかなり大きなダンボールです。

 

これでも標準サイズの納品ができるのですね。

 

主に小田原で試したものなのですが

他のセンターでは分からないので

試される方はくれぐれも自己責任でお願いします

 

僕が思うにダンボールのサイズに関しては

それほど神経質にならなくても良いのかなと思います

さすがに標準サイズで1 mぐらいの

ダンボールを使うとまずいとは思いますが^^;

 

それではここで納品に

使うダンボールのサイズをおさらいしておきましょう

各納品のダンボールサイズはこのようになっています。

小型サイズであまり大きなダンボールを使うと

重量オーバーになる

というか、重さに耐えられなくなりそうなので

小型サイズはちゃんとダンボールのサイズを守った方がいいと思います。

 

大型サイズ商品でメーカー専用輸送箱の場合

95cm以内とありますが

過去に110cmくらいまでは納品をした経験があります。

最近はどうなんでしょうね。

 

大型サイズの納品

 

これ以降は大型サイズの納品についてのお話です。

初心者の方は大型サイズの納品に

苦労する方が多いようです。

 

というのも 納品する商品は

必ずダンボールに納めなければいけない

こう思ってる方が多いようですね。

 

たしかに僕は以前

この記事でもかいてあるとおり、

大損害! アマゾンFBA 倉庫受け取り拒否!

商品をプチプチで包んだだけで納品をして

受領拒否されました。

ただし、これは標準サイズの話です。

 

大型サイズの場合は

必ずしもダンボールに入れる必要はありません。

 

例えば プリンタの場合

 

昔は外箱にそのまま配送ラベルを貼って

そのまま納品をしていました。

 

その後、輸送中に外箱が破損したり、

水濡れの恐れがあるので

ここ数年は

大型の袋に入れるかエアクッションで巻くようにしています。

 

正直大型サイズに関しては

そんなに神経質にならなくてもいいのかなと思っています。

 

それよりも輸送中のトラブルに備えて

外損のないように納品する事を心がけた方がよいでしょう。

 

まとめ

標準サイズのダンボールの大きさは

多少はみでてもOK (自己責任で)

大型はエアクッションで巻く もしくは 袋に入れるでもOK

となります。

参考にしてみてくださいね。

 


僕の公式ライン@では
ブログでは書けないさらに突っ込んだノウハウや
タイムリーな情報をお伝えしています。

興味がある方は是非僕とお友達になってくださいね。
登録してスタンプかメッセージをいただけると
無料プレゼント進呈中です!

友だち追加

メルマガ登録はこちらから!

ツイッターでは値上がり商品情報や
突発的どタイムリーな情報を配信しています。
こちらもフォローお願いしまーす^^

この記事が参考になればシェアお願いします^^